Stories

ドッグフードの選び方

ドッグフードの種類が多すぎて選べません。何を基準に選ぶとよいですか?というご質問をよく頂きます。

良いフードと、良くないフードを見分けるポイントを解説します。

about05-2

グレインフリー(穀物不使用)フードをなるべく選びましょう

本来肉食獣である犬は腸が短く、穀物を処理(消化吸収)するのが大の苦手です。穀物に多く含まれるグルテンやレクチンは、犬や猫は基本的に消化することができません。

そのため、ドッグフードの主原料には動物性タンパク質が必要になってきます。穀物や野菜中心のフードでは栄養不足により虚弱体質になり、老化の進行を早めたり、毛艶・毛並みも悪くなる原因にもなります。どうか愛犬に、肉たっぷりのフードを与えてあげて下さい。

※グルテンとは・・・小麦、大麦、ライ麦などの穀物の胚乳から生成されるタンパク質の一種

※レクチンとは・・・豆類やジャガイモなどの野菜に含まれている糖結合性タンパク質

「質の良い」たんぱく質が多く含まれるフードを選びましょう

原材料は、成分の多いものが左から順番に記載されています。原材料の1番目が、「ミール」「穀類」ではなく、「肉」が記載されているフードを選びましょう

<注意>沢山の種類のタンパク質が混在しているものは・・・

パッケージ裏などにある成分表を必ず確認しましょう

従って、当然主原料は動物性タンパク質が必要になってきます。穀物や野菜中心のフードでは栄養不足により虚弱体質になり、老化の進行を早めたり、毛艶・毛並みも悪くなる原因にもなります。どうか愛犬に、肉たっぷりのフードを与えてあげて下さい。

成分の多いものから順番に記載されているため・・・

たとえば、牛肉がトップに来ているものはお勧めできません。

酸化防止剤をチェックする

ペットフードで最も避けるべきな状態は、「酸化」です。

酸化したフードを与えていると、老化や様々な疾患を引き起こす可能性があります。

このため、ペットフードには、酸化防止剤が含まれています。

・防腐剤とビタミンによる酸化防止について

・そのほか、不適切な原材料が成分表に混在していないかチェックしましょう

魚粉が入ってるフードは酸化しやすい、発ガン性が高いので、なるべく入っていないものを選択することをおススメします。about04-2 (1)

 

ペット先進国アメリカの老舗ペットフード専門のナチュラ社が製造する「イノーバ」や「エボ」などのドッグフードは、そのほとんどが 防腐剤や添加物を使わず、温度や湿気等品質管理された、新鮮かつナチュラル志向の
ヘルシーなドッグフードです。

ドッグフードだけではダメな理由

ドッグフードだけあげていればいい!と思われていませんか?

ドッグフードは、一通りの栄養素が入っている「総合栄養食品」

といっても過言ではありません。

しかし、全ての素材に火を通したドッグフードには、熱に弱いあるものが全く入っていないに等しいのです。

それは、「消化酵素」と「水分」です。

消化酵素とは・・・、

☆消化を助け、吸収を良くする

☆食べ物の消化に関わる労力が減り、細胞や内臓、消化器官にかけられている負担が減少されます。

☆老化防止

☆免疫力、代謝力の向上

日々ドッグフードを与えている方・手作りでも生の少ない方には、消化酵素のサプリメントは、

絶対に必要不可欠です。

さらに生食実践派でも、さらに若々しく長寿を願う飼い主さまにも…ご使用をお勧めしたい。

アメリカで評判の良いペット用消化酵素「プロザイム」は、

植物由来の物が多いなか、動物性由来の酵素です。肉食動物に与えるから動物性由来が良いと言う意見が多くあります。

※冷蔵庫にて保管頂くことによって、約2年の保管が可能なため、大変長持ちします。

「水分の不足」

犬や猫は人間よりも腎臓の機能が弱く、腎臓の病気にもかかりやすいです。 そんな犬や猫にミネラルという不純物を多く含むミネラルウォーターばかり与えると腎臓に余計な負担をかけることになります

(ペットに必要なミネラルは、通常の食事に十分含まれています)

でも、水分の少ない食事をしていると、尿のミネラル濃度が高くなりがちです。そのため、尿路疾患(結石など)のペットが増えています。

犬や猫も赤ちゃんのようにミネラル分豊富な硬水は、体に負担をかけることとなり体調を崩す原因にりかねません。
そのためミネラルをあまり含まない「軟水」であることが望ましいです。
YKエンタープライズ社が販売するアクアプーラ「ミネラルを全く含まない水」は、最もペットに適した「天然水」です。

ドッグフードが適しているかはうんちをCheckしましょう

生食のススメ

忙しい朝は、ナチュラルドッグフードを、夜は、天然素材の生食を与えるのという方法もおススメです。

生食(生肉)には、あなたの愛犬に必要な天然の栄養素がたくさん含まれています。

中でもオススメは、低カロリーで高タンパク、赤身が多くヘルシーな天然鹿肉グリーントライプが挙げられます。

about04-4 (1)

天然鹿肉からは、最高品質のたんぱく質が、グリーントライプからは、天然の消化酵素を摂取することができます。

とくに天然の消化酵素は、通常のドッグフードや生肉やササミ等からは摂取することができない貴重な成分です。

ナチュラルドッグフードは
今や愛犬健康管理の基本です。

そもそも・・・なぜナチュラルドッグフードが良いのか?

天然素材を使用しない安価なドッグフードには、
粗悪な原材料が含まれている事がほとんどです。

家庭犬猫の長寿化に伴って、
高齢時の諸症状や、さまざまな疾患やアレルギーなどが飼い主様を悩ませていますが、
これも、安価なフードの粗悪な原材料、添加物が影響しているといわざるを得ません。

ビタミンやミネラルなどの栄養素も、天然の成分ではなく人工的に生成
した成分で栄養バランスを保っているといわれています。

また、穀物は、腸が短く穀物を消化吸収しにくい犬には不要という研究結果が一般的ですが、
安価なフードには、多く含まれている傾向にあるため、アレルギーや内臓疾患の主原因ともいえます

このように、愛犬の健康に悪影響を与えかねない粗悪なフードを食べ続けた結果、
さまざまなアレルギーや内臓疾患などを引き起こしてしまうことが、飼い主様を悩ませているのです。

最後に

ワンちゃんは自分でドッグフードを選べません。
about05-1
ワンちゃんの健康そのものが飼い主さんにゆだねられているのです。
ぜひこの機会に「本当に良いドッグフード」を知って頂いて、
お役に立てて頂ければ幸いです。